Bell-net(ベルネット)の理念

  1. ベルネットホーム
  2. ベルネットの理念
各地域のニーズに応じた集約化により、24時間安心の産科医療を実現します。
近年、産婦人科医師減少により産科を閉鎖する病院が相次ぎ、妊婦が遠隔地での出産を強いられるなど、出産医療を取り巻く状況は深刻さを増しています。その背景には産科医師の過酷な勤務実態があり、これがさらに個人運営による産科クリニックの事業撤退や若い医師の産科離れを引き起こし、産科医師の減少に拍車をかけています。医療法人葵鐘会は、こうした悪循環を断ち、医師の労働環境改善と医療サービス向上を両立し得る新たな地域医療モデルの構築をめざし、志をともにする産科専門医らによって発足しました。
医療法人葵鐘会ではすでに、多地域でクリニックを同時運営し、産科専門医の充実と連携によって各クリニックに複数の常勤専門医が常駐するしくみを構築するとともに、助産師を含むスタッフの充実を図ってきました。これにより、24時間365日安心の医療体制を整備しながら、医師への過度の負担軽減とスタッフがやりがいとゆとりをもって働くことのできる環境を生み出しています。 また、グループ経営のメリットを最大限に生かし、診療の平準化や複数医師による診断を推進。小児科など他の診療科との連携や高度医療設備の拡充など、医療サービスのさらなる高度化に取り組んでいます。
今日、核家族化や女性の社会進出など、妊婦を取り巻く環境は大きく変化し、出産医療に対するニーズも多様化しています。医療法人葵鐘会はこれからも、時代にふさわしい医療サービスのあるべき姿を問い続けながら、それぞれの街に、新たな家族の誕生を喜び合う幸福の鐘の音を響かせてまいります。
身近な医師に安心して任せたい、新しい命の誕生と成長を家族で喜び合いたい、そんな希望を叶える仕組みづくりを進めています。
ベルネットグループの各クリニックでは、地域に根ざした医療サービスを提供しながら、グループ経営におけるメリットを最大限に活かし、高い医療レベルで患者さんのご希望に合わせた分娩スタイルを提供する体制を構築しています。

医療法人 葵鐘会 理事長 山下 守

[略 歴]
名古屋大学医学部卒業
稲沢市民病院産婦人科勤務
名古屋大学病院産婦人科勤務
2007年12月 医療法人葵鐘会
理事長就任
[専 門]
周産期、婦人科腫瘍、麻酔科、
日本産婦人科学会認定専門医、
母体保護指定医、麻酔認定医
[所属学会]
日本産婦人科学会
日本周産期・新生児医学会
日本受精・着床学会

ベルネットの特色

産科専門医常時2名の管理体制を構築

グループクリニック間の連携で、
産科医、常時2名での管理体制を構築
ベテラン常勤医師とベルネットクリニックとの連携により、常に産婦人科医師が2名365日24時間管理する体制を構築。分娩はもちろん、緊急時の診療時間外診察にも対応。高いレベルの医療サービスをご提供します。

「母子」を見守る一貫した体制

看護体制・各種教室・施設の充実
ベルネットでは、1つのクリニックごとに10人以上の助産師を配置し、妊婦様への細やかな心配りを実現できる体制を整備しています。 助産師が行う各種教室も充実しており、ご好評いただいております。
また、全クリニックに無料託児所を完備して、出産後にも安心して赤ちゃんを連れてご来院頂ける環境を整備しております。
産婦人科医・栄養士による母親教室 保育士の常駐する託児所
産婦人科医・栄養士による
母親教室
保育士の常駐する託児所
マタニティビクス ベビーマッサージ
クリニックでは、各種教室を開催(マタニティヨガ/ベビーマッサージ)

女性と小児を取り巻く科目の連携

産科・婦人科・女性内科・婦人科(漢方)/小児科/マタニティ歯科/不妊センター/女性健診センター/国際東洋医学センター

産科、婦人科、小児科医が連携し、母子を取り巻く医療ニーズにトータルに対応。
各クリニックでは、女性のトータル健診や婦人科手術など、産科だけでなく婦人科医療も行っています。また、小児科専門医の立会いによる出産や新生児健診など小児科との連携や、歯科医によるマタニティ歯科との連携により女性と子ども、出産と子育てについてトータルに対応。さらに、体外受精や顕微授精など高度な不妊治療に対応可能な不妊治療センターを併設した医療を展開するなど、これまで地域の一般診療所では困難とされてきた専門性の高い医療サービスを提供しています。

看護理念

すべての女性の健康を生涯にわたって支援し、生命を未来へつなぐ援助をいたします。

◆看護部 編成
2015年6月1日現在、助産師、看護師、メディカルエイド、メディカルアシスタントが在籍し、
約500名で構成されています。うち助産師数は209名です。

◆キャリア開発・研修
・NCPR研修(新生児蘇生法)
助産師の92%は研修を終了しており、うち4名のインストラクターが小児科医とチームを組んで、
各施設を回り、研修を行なっています。

・BLS研修(一時救命処置)
外部インストラクターと内部インストラクターを中心に全職員(医師・事務員含む)を対象に研修しています。
現在助産師は33%の受講率で、この研修を通して内部インストラクターの養成も行なっています。
全体としては1000人の職員のうち、58%が受講済みとなっております。

・クリニカルラダー評価制度について
助産実践能力が一定の水準に達していることを審査、認証するものです。
今年(2015年)の8月から日本看護協会のラダー認定も開始されますが、ラダーIIIに該当する助産師の認定推進も行ってまいります。

「助産実践能力習熟段階(クリニアルラダー)レベルIIIの認証制度について」
http://www.josan-hyoka.org/ladder3.html

ベルネットに所属する助産師の約30%が日本看護協会に認証されたアドバンス助産師です。
アドバンス助産師とは、お産介助100例以上、妊婦健診200例以上、お産期のモニタリングに関する研修修了、出血時の対応に関する研修記録など、16項目をクリアし、日本助産評価機構に認定されたベテラン助産師です。
今後さらにアドバンス助産師を増やしてまいります。

その他、新人助産師研修や多岐にわたるキャリアアップ制度を実施しています。

◆症例検討
当会では年間約8000分娩を取り扱っているため、多くの異常事例にも遭遇します。
産科異常があった場合には、ただちに全施設へレポートが配信されます。
添付されたCTG所見や、治療内容を、産科ガイドラインと照らし合わせながら適宜カンファレンスを行い、
さらにその内容を配信して共有します。

産科・婦人科・女性内科・婦人科(漢方)/小児科/マタニティ歯科/不妊センター/女性健診センター/国際東洋医学センター
講習時の模様

女性の一生を支援していく中で、助産師に求められている施設内の業務だけでなく、
地域や学校と連携して社会の中にも活動の場を広げ、「生命を未来につなぐ助産師の育成」も目標としております。


ベルネット通信
バーチャルマタニティ体験
初めてママのQ&A
入院時のご案内
患者様の声